大阪の除菌・株式会社TKCS

の評判

強い除菌作用や消臭作用を持つ活性酸素を光を触媒に生成

毎年のようにインフルエンザやノロウイルスへの対策が必要だった現代の日本において、さらにダメ押しと言わんばかりにコロナウイルスが世界中を震撼させています。

除菌対策が全世界での優先事項となる中、まるでファブリーズを吹きかけるかのような感覚で部屋の空間全体へ次世代型の光触媒塗料を噴霧することで、その空間丸ごとに除菌効果を付与させることが叶います。コロナをはじめとするウイルス対策のみならず、臭いのきついトイレやタバコの消臭効果も強く、トイレや喫煙ルームへの噴霧もおすすめです。

「ナノゾーンコート」がウイルスを除去できる理由とは

「コロナウイルスに効果があるとは言っても、本当に除菌効果があるのかどうか信用しきれない」と考える方も大なり小なりいらっしゃいます。その様な方々のために「ナノゾーンコート」がどのようにウイルスを除去するのか説明いたします。

まずウイルスはリボ核酸をカプシドというタンパク質の殻で覆っており、その外側にエンペローブという膜が存在する構造になっています。このエンペローブは光触媒から発生した活性酸素に触れることで分解され、コロナウイルスなどはたちまち分解されて消えてしまいます。残ったウイルスの死骸も次第に炭酸ガスと水に分解されるという仕組みになっており、この効果は数々の研究機関で検査を繰り返し、多くのエビデンス(証明)をいただいているものです。ただ理論を説明するだけではなく、ナノゾーンコートを扱う元になっている日本の会社がエビデンスを取得しているため、自信を持って噴霧サービスを提供できます。

滅菌効果だけではなく消臭効果も有しておりタバコなどに有効

光触媒には除菌以外に二つ大きな特性を有しています。そのうちの一つが「防汚効果」であり光触媒はもともと建物の外壁や内壁用の塗料として開発された経緯から、外壁に付いた土埃や黒ずみなどを簡単に水で洗い流せる性質を有しています。

そして二つ目が「消臭効果」であり、臭いが気になるトイレや喫煙ルームなどに使用することで、臭いに敏感なお客様も快適に利用できるようになります。トイレはどの施設においても設置してあって、その掃除具合や新しさによっても臭いの度合いに大きく差が出てくるものです。トイレの清潔さは飲食店の印象やリピート率にも影響してくるほど大切な要素のため、ナノゾーンコートを滅菌のみならず消臭目的でもトイレに噴霧されることをおすすめします。喫煙ルームも同様で、最近は分煙を求める非喫煙者の声も大きくなってきており、喫煙者と非喫煙者がお互いに快適に共存していくためにも光触媒は大いに貢献が期待できます。

人の往来と飲食でとてもコロナに気を遣う飲食店へ光触媒を

コロナで大打撃を受けて閉店ラッシュが続いている業界の一つに飲食業界が挙げられます。すっかり客足が途絶えてしまっても必死に食い繋げて経営を頑張っている方から、ひどいケースでは開店が決まって店舗の確保と購入した機材を店舗内に運び込み、開店まで秒読み状態だったのが日の目を見ないまま閉めることになってしまった方までいらっしゃいます。

飲食店経営者の方々には、この飲食氷河期どころではないくらいの逆風が吹いているコロナの時代にぜひ踏ん張っていただき、withコロナが実現して終息した後に活気よく営業していただきたいと願い、そのお手伝いとしてナノゾーンコートの噴霧サービスを実施しています。お客様が往来する席のテーブル・椅子・店員の呼び出しスイッチ・レジ全体・ドアノブなどはもちろん、キッチン内のシンクなどにも人体に無害な光触媒を噴霧して、安心してお客様をお迎えできるようサポートいたします。